ピアノの専門学校

ぴあのん

最終更新日:2014/9/11

ピアノの専門学校

好きなピアノで身を立てたい、と考えても、現実問題として音大に行くのはなかなかハードルが高いのです。アルバイトをする時間的余裕はない上に、在学中にかかる授業料以外の費用は、地方で一戸建ての家が買えるほどだと言われています。そこで、ピアノの専門学校、という選択肢があります。ピアノの演奏家としての将来が開けるかどうかは出身校種には関わらない部分があります。ジュリアード音楽院を出ても、レストランなどで生演奏を聞かせる仕事をしている、と言う例は枚挙に暇がありませんから。また、地方でピアノ教室を開く場合、出身校が影響するのではと心配するかもしれませんが、自分の子をプロにでもしようという親御さん以外は余り気にしないという話も多いのです。  ただ、より自分の演奏を高めたいなら、「ディプロマコース」という名前で、有名な講師陣がいるコースを設けている専門学校を選ぶというのも将来の可能性に挑戦する手段かもしれません。

ピアノの概要とこれから

ピアノは私達にとってとても身近な楽器です。
子供の頃に習う方も多く、学校の音楽の授業などでも必ず使われていてほとんどの学校では音楽室や体育館などに置かれています。
大きさはアップライトと言われる小さ目の主に練習などに使われるものとグランドピアノと言われるコンサートなどでも使われる大きなものがあります。
音では電気で音を作り出しているものと、中に弦が張ってある通常のものがあります。
生産は日本製のものでは主に静岡県で多くのものが生産されており海外でもその性能と音は高い評価を受けています。
また外国製のものではドイツ製のものが有名で多くの有名音楽ホールに設置されています。
この楽器は音楽大学に入る際などに基本とされる事が多く、バッハやモーツァルト、ベートーヴェンのソナタなどを入学試験の課題曲としてピアノ科以外の学生にも入学試験を課している音楽大学が多くあります。
また入った後も必修科目としてカリキュラムに取り入れられている場合がほとんどなので音楽の専門的な勉強をしたい場合にも必習の楽器と言えます。
また最近ではクラシック以外にもジャズやポップス、ロックなどの現代音楽にも多く取り入れられているので、まさに音楽には欠かせない楽器と言えるでしょう。
弾く人のタッチによってさまざまに音を変えることが出来、沢山の音を一度に出すことができることもこの楽器の素晴らしさです。
楽器や歌の伴奏、ソロ演奏などさまざまな可能性を持っているこの楽器はこれからの音楽にも欠かせないものとなるでしょう。

check

霊感占い

http://www.hitomiworld.net/

ペット保険の比較はこちら

http://www.vi-ta.jp/

結婚式の招待状作成こちら

http://sweetsmile-w.com/

ハンドメイドバッグの販売

http://www.rakuten.co.jp/orijinarufaibu/

福岡で不用品回収を頼むならこちら

http://www.f-eco.jp/

COPYRIGHT(C) ぴあのん ALL RIGHT RESERVED